万一のトラブル

業者選びに万全を期しても、トラブルが起こらないとは限りません。いわゆる悪徳業者を選ばないことが何よりも大切ですが、優良な業者であっても依頼主のイメージを正確に把握していない場合や、素人には見覚えも聞き覚えもない建材を使用した場合、職人技術の価格設定が不透明な場合等には、仕上がりや総費用に納得のいかない依頼主との間でトラブルは起こり得ます。

特によく見られるのは、追加費用にまつわるトラブルの発生です。
見積金額と請求額とが齟齬をきたしている場合、詐欺にあったのかと、依頼主の不安は増幅します。しかしながら追加費用そのものは珍しくありません。例えば床を開けて初めて躯体が腐食していることが判明した場合には、業者も予見できなかった補強工事が必要です。

また、天候の影響等で工事が長引いた場合、請求額そのものが変わらずとも、改築中の余計な賃料が発生することになります。
他にも「工事中の見学時にお願いしたのに反故にされた」というような、契約書面外の口約束にまつわるトラブルも後を絶ちません。

 

こうしたトラブルを避けるためには、第一に事前調査を十二分に行うことが大切です。
自分が依頼した業者とはいえ、赤の他人に自宅やオフィスを探索されたくないという人も多いのですが、調査に積極的に協力することは欠かせません。また仕上がりのイメージを具現化してもらうためにもコミュニケーションを怠るべきではありません。打ち合わせには多くの時間を割き、疑問はできるだけ残さないように心掛けます。

第二に予め追加工事を想定した見積もりを依頼することが挙げられます。
躯体構造までは事前調査で把握できないため、万一工事開始後に問題が発見されれば補強工事にどれくらいの費用が発生するのかを事前に提示してもらいましょう。