実践的な光の活用

三次元のデザインであると言える店舗デザインは、言い換えると空間デザインとも呼べるのではないでしょうか。つまり、空間の広がりを大きく左右するものとして「光」の調整や取り入れ方を工夫して行くことは重要なポイントになってくると言えるのではないでしょうか。例をあげるとすれば、有名な一流の百貨店と、一般的な百貨店の一番の違いであるのは、この「光」とも言えるでしょう。光をデザインする技術は、近年も進化し続けており、最先端のデザインともなると、大きな予算を占めているようです。また一方、予算の小さなお店であっても、その空間の小ささを利用し、魅力的な光を取り入れていると言ったお店も少なくないのではないでしょうか。このことから、予算をかけて大々的に取り入れると言う方法のほか、照明効果という要素は、他の要素に比べ、条件と使い方次第で予算をかけない演出であっても、充分に効果を発揮することのできる要素でもあると言えるのではないでしょうか。 光の操作は、思い切って言えば、空間デザインの決め手ともいえる重要なポイントになると言えるのではないでしょうか。光というものは、日常を明るく照らすと言う働きだけでなく、空間を演出するためのデザインと言う働きもあるでしょう。内装や外装デザインにもうひと演出、光の活用と言う部分での見せ方は、店の印象や集客率に大きく影響してくると言えるでしょう。店舗デザインにおけるコンセプトが決まったら、じっくりと照明についてもイメージを膨らませておき、デザイナーと充分な打ち合わせができるようにしておくと良いのではないでしょうか。予算などがある場合は、同時に伝えてみると、有益なアドバイスをしてもらえるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です