立地に合わせる

店舗デザインに大切なもので、忘れてしまいがちなのが、立地条件に合わせたデザインを考えるということではないでしょうか。例えば、大きな道路沿いの路面店や、近くにパチンコ屋さんなどがあるといった場合には、しっかりと防音対策をする必要があるでしょうし、飲食店街や、同じビル内に飲食店があるといった場合には、ニオイ対策などが必要かどうか、調査するところから始める必要があるでしょう。
また、施工後にも地域環境は変化していくため、その都度空間をバージョンアップさせていくといったことも必要でしょう。店舗デザインというものは、開店したら終わりというものではないでしょう。それからが始まりであり、より多くのお客さんに知ってもらい、来てもらい、愛してもらうお店を作っていくことで、安定した運営ができるようになってこそと言えるでしょう。常にお店のバージョンアップを図るためには、来てくれるお客さんの声や、スタッフの意見などに耳を傾け、その都度コンセプトと向き合い、アイディアを取り入れながら微調整を行なっていくことも必要と言えるでしょう。その土地の住民に愛される店というのは、一見さんばかりの店よりは、息の長い運営を目指せる指針となるのではないでしょうか。コンセプトが固まり、物件を決める前に、その土地の施設や環境をしっかりと見極め、物件を選ぶということ、また、先に物件を決めてしまった場合は、どういう経営戦略にしていくかということを、じっくりと考える必要があるでしょう。どの土地でも同じ経営戦略では利益は期待できないでしょう。地元の人と仲良くなっておくというのも良いかもしれません。自身がその土地で生きていくという意識のもと、お客さんの目線を忘れずに空間をデザインしていける事が望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です